ディーキュアセレクトショップ。カーコーティング奮戦記ブログ。

カーコーティングブログ。ガラス系コーティング剤。アクアミカ・ポリシラザンやガラス系コーティング剤キュアエグゼクティブ。カーコーティングに関するレポートやアクアミカ施工説明!高硬度塗装・バフ目軽減コンパウンド説明などキュアセレクトショップの商品・施工説明のカーコーティングブログです

商材実験レポート関連

メッキモール磨き

オリジナルコンパウンドと研磨促進剤の開発で
外車。特にベンツ・BMW・ワーゲン・アウディー・ジャガーなど・・・
多くに使われている’メッキモール’の研磨作業を公開します。
手作業を中心に約2時間。
ガーニッシュモール
ウィンドウ用シーリングレール
を磨きます。


今回はモールのシミは厳しい状態です。
メッキはくすみ、見た目は真っ白です。
保管は室外
撥水洗車
新車から3年
画像 002画像 008



















マスキング作業です。
マスカーを使う為、直接マスカーのテープがボディーに
着かないようにします。
細部より約5mmぐらい間をあけマスキングします。
画像 013画像 014

















マスキングテープを超えてマスカーテープ部分がはみ出さない
用にします。
画像 020












細部までマスキングテープを貼ります。
このように3段階にします。
画像 021












画像 028画像 025

















今回使用する道具です。
☆専用スポンジ
☆メッキモール研磨専用コンパウンド
☆研磨促進剤
作業の時は必ずビニール手袋を着用してください。
画像 034画像 035


















それでは作業をご覧ください
約2分です。


作業での注意事項は
☆15cmぐらいの範囲で磨きます。
☆研磨促進剤は3滴程度
☆タオルは水に濡らし硬く絞った物で拭き取る

最後に専用のコーティング剤を塗ります。
画像 038












完成です。
画像 041












今回は状態が悪いメッキモールです。
ディーラーで交換と言われてオーナーが
「何とかして!」
作業は約2時間。
一部。シミがひどい所は機械で作業しました。
それでもひどい所も・・・・
メッキモール磨きも限界があります。
腐食が激しい場合はやはりシミは残ります。
ですが、見た目には良い状況になります。
コーティングをして、腐食を防ぎ、
ボディーコーティングのように
綺麗でありたいですネ。

ディーキュアセレクトショップの問い合わせから
メールを送ってください。
http://cureshop.jp/

エアブローガン比較実験。


新商品の実験です。今回はブローガンです。
従来品より効率を良くした商品です。

エアーブロウ

エアブローガン
エアーブロウ

パルスエアガン
従来品がどのようにエアがガンから噴射しているか、ご覧ください。
エア従来

こんな感じです。 ガンから近くは幅は狭いですが力は強いです。
ガンから遠くは広いですが力が弱いです。
皆さんの多くはブローの場合はガンから近くで作業を行います。
ですが・・・効率が悪いです。力が強いので‘早い‘ですが・・・狭い
そこで。
ブロー実験
新型のブローガンです。
力が強い場所が広く使えるので効率が良いです。
パルス実験
パルスガンです。
両方ともエアの噴射の写真です。
実際にこんな感じにエアは噴射されています。
★洗車の仕上げ
★板金会社
★カールームクリーニング
★工場の清掃・部品清掃。
などなど。こんなに効率の良いガンです。

ヘットライト磨き・コーティング。

ヘットライトの黄ばみ・キズを落としコーティングです。
車検のお客様がライトテストに合格しませんでした。
交換が普通ですが、料金的に・・・?
ですが、車検が取れません。
そこで、磨き・コーティングで新品に近い状態にします。
これで、車検合格!夜も明るくなりました!

施工前
施工前です。

ヘットライト

磨き行程。
ウールバフ
スポンジバフ
にて、シングルアクションポリッシャーで磨きます。
コンパウンドは、近日発売予定のコンパウンドです。

ライトキット

コーティングに使う商材。
ミネラルガラスコーティング
ネルウエス。
マイクロクロス

ライト塗り

ネルウエスにて塗込

拭きとり

マイクロクロス で拭き取り。

ライト施工後


終了!
これで車検は合格!

ミネラルガラスシーラント。施工方法。

ミネラルガラスシーラント施工方法です。
商品内容に関しては
商品説明 確認ください。

ブロー

コーティング施工前に研磨し、脱脂してください。
※水分と科学変化いたします。ブローは丁寧にいたします。

マスキング

ゴム・ガラス部分のコーティング施工はできません。
最初にマスキングなどで保護してください。
※万が一、液剤が着いた場合はすぐに拭き取ってください。
準備が完了しましたら。コーティング施工です。

商品

コーティング剤
ファイバータオル
2段スポンジ

画像 482

少量、スポンジに付けて塗りのばしてください。
ポイント
最初に液剤を伸ばす時、水が流れる方向に塗ってください。

拭き取り

塗りましたら、すぐに拭き取ります。
ポイント
すぐにふき取るので、薄くて良いです。塗り残しなく!
ワンパネル施工でコーティングしてください。
注意
※常温25度で20分で硬化します。塗布後10分以上は置かないでください。
※夏場30分放置すると、効果し磨いても取れない場合があります。
(効果時間を短くしたのは、施工性を重視し施工後に雨の場合でも良い為、  ガラス系コーティング剤は施工後の時間制限が多いからです。) <br> 塗布、終了後、30〜1時間はコーティング剤に触れないでください。
約、30分後、指で触り乾燥を確認してください。
確認後、もう一度塗布してください。
(2回塗をお勧めいたします)

222

2回目塗布します。

拭き取り

ポイント
2回目はコーティング剤の「厚み」を出す為、塗布後5分後に拭き取ります。
塗布、終了後は常温で1時間で乾燥をお願いいたします。
冬やボディー温度が低い場合は2時間ぐらいを目安にお願いいたします。
作業後 塗りこみスポンジは捨ててください。(2回目は使えません)
ファイバータオルはすぐに洗剤で良く洗ってください。
他の、タオルと一緒に洗わないでください。

ガラス強化剤。キズ軽減剤。

ガラス強化剤です。ワイパーなどでキズが入り、

見えにくくなります。そこでウィンドガラスの表面の硬度を上げ

キズの入りを軽減します。
画像 366

液体を塗り、乾燥するまで塗りこみます。

2回ほど行えば終了!(ガラス撥水施工感覚です)画像 368
石でキズを入れて見ました!

 


画像 369

見難いですが、かなり軽減しています。

ワイパーの圧力なら・・・。かなり良い効果がありますネ。

運転席・助手席のガラスは上げ下げが多く、

水切りゴムで、キズが入ります。

軽減は可能です。

施工後、撥水加工も可能!

キズが入らないとは言いません。かなり軽減します。

光触媒コーティング

今回は光触媒の実験!前回とは違う商品を使ってみました。 今回の商品はチタニアです。有利な点は、蛍光灯の光でも触媒が反応します。 車の場合は、駐車場の中に置く方もいます。中は太陽光が入らない為、蛍光灯で反応する。 チタニアが有利!と考えました。今回はまだ、実験段階です。良い商品を販売したい為 実車にて数台施工しました。 画像 349
画像 343
今後、様子を確認していきます。

 

 

光触媒コーティング液 チタニアーシリカ複合光触媒液「ツルクリーン」環境にやさしい新しい原料素材。お客様の多様なニーズに合わせて薬液を調整します。
 
製品概要
チタニアの光触媒機能とシリカの超親水性能を分子レベルで複合化させた画期的な光触媒コーティング液です。
 
製品の特徴
超微粒子を分散した水分散体です。
シリカを複合化させることで、UV未照射の状態でも高い親水性を示します。
表面積が大きいため、高い光触媒活性が期待できます。
透明性が高いため、ガラスへのコーティングが可能です。
中性溶液であるため、下地を傷めません。
 
製品の用途・使用分野
外壁防汚
ガラス防汚
VOC/たばこ臭の消臭
NOx、SOx等大気浄化
室内/繊維の抗菌
 
代表品質
グレード A-TS-1 A-TS-2
外観 乳白色ゾル 乳白色ないし淡黄色ゾル
メジアン径 約30nm 約30nm
pH 6〜8 6〜8
固形分濃度 約1% 約1%
比表面積 200m2/g 400m2/g
水接触角 UV照射前 UV照射後 UV照射前 UV照射後
11°
A-TS-1   A-TS-2
 
試験データ
<分解性能(色素分解法)>
分解性能(色素分解法)
5000倍-パイロットブルーに、「ツルクリーン」液5μl添加。UV(1mW/cm2) 9時間照射。
 
<消臭性能>

【A-TS-1/ガラス基板】

アセトアルデヒド:UV1mW/cm2 アンモニア:UV1mW/cm2
 

【A-TS-1/タイル基板】

アセトアルデヒド
:蛍光灯10,000lx アセトアルデヒド:蛍光灯5,000lx
試験条件
・ガスバッグ法   ・塗布面積100m2   ・初期悪臭ガス濃度:100ppm   ・ガス量2000ml
チタニアーシリカ複合光触媒液「ツルクリーン」は、福岡大学 中野教授のご指導のもと、弊社で開発中のものです。

ホイールコーティング。  アクアミカ!

ホイールコーティング作業です。
コーティング液剤は「アクアミカ・ポリシラザン」
1%を使用しております。

現状

画像 231


現状

画像 232


アルカリ洗剤
酸性洗剤
鉄粉除去剤などを使い
汚れを落とします。

画像 233


粘土で鉄粉処理をする。

画像 235


中性洗剤で洗い、ブローする。

画像 237


専用の脱脂剤(アクアミカ専用)を使う。

画像 239


10分ぐらい乾燥後、タオルで拭き取り
アクアミカを塗布します。
全体を水を打ったように塗り伸ばします。
2〜3回塗布します(3回がお勧めです)

画像 241


常温で乾燥。
乾燥後、15分ぐらいでトップコートを
綺麗に塗ります。

画像 244


塗布後20分乾燥し
タオルで拭き取ります。
画像 246


終了です。
画像 248

コーティングメンテナンス

6eb78631.jpg1か月前にコーティング(新型アクアミカ)のメンテナンスをしました。

なかなか良い状態です。撥水型でのコーティングでしたので撥水状況の確認!

なんせ、持ち主は洗車が嫌い!施工後一度も洗車していませんでした。

艶良し・撥水良しとなかなかでした。

来月ぐらいには販売開始予定です。

今回のアクアミカは、撥水・親水と選べるタイプ!

脱脂剤も販売(専用品)。

小ロットも現在考え中。施工キットも・・・。

ブローガンの性能

55f6fe27.jpgスーパーブローガンの威力を撮影しました。
ホースの中に水を入れて、シューとでこの様子です。

小さい穴が多数開いている為に写真のようになります。
洗車・内装掃除など・・・ブローをした場合威力は何倍にも!
エアー圧は6キロです。

従来品の写真を見れば一目瞭然!出口が一個な為、
ノズル付近でブローした場合は、一点集中しなかなか水切れが悪い!
少し離さないと(ノズル)効率よくブローできません。
離れたら・・・威力が半減(エアー圧6キロ)

道具の性能を知っておけば、効率よく作業できますネ。


カーコーティング商材を販売しています。
ディーキュアセレクトショップ。
http://www.cureshop.jp/
PC・モバイル共通です。

http://www.cureshop.jp/board/board.html?code=cureshop_board2

磨きは難しい!

d10e101f.jpg今回は毛足が15ミリのバフで磨いて見ました。
理想は7〜12ミリが現状良いと思います。
今回は長めの物でテストです。

やはり、艶は簡単に出て来ますが・・・
キズ消しには、ちょっと厳しい結果でした。
12ミリと比べると、艶やキズ消しも遅いと思います。
やわらかい塗装の場合は良いと思いますネ。
ベンツには・・・厳し結果となりました。。
毛足が長くなると遠心力によりバフが重たく感じられます。
1000RPMで磨いてますが・・・。

良い処は安全です。ソフトな感じ(塗装面との摩擦?)
初心者などは楽と思います。ダイレクト感(手に来る感触)
が、ソフトです。(僕にぴったり!)

結果15ミリはベンツに厳しいですかね。
簡単な磨き作業(早く・安く・艶のみ)なら良いですが
トータル12ミリが良いと思います。キズの消え方や艶・安全性・・・
シミ・傷が多い・深い場合は7ミリ。
パネルやパーツ・場所でバフの種類を交換して作業しています。

10ミリ(中間を取って?)はどうかな?







カーコーティング商材を販売しています。
ディーキュアセレクトショップ。
http://www.cureshop.jp/
PC・モバイル共通です。

http://www.cureshop.jp/board/board.html?code=cureshop_board2

磨く道具。ウールバフ

e87b5aaa.jpgウールバフの実験・検証をして見ました。

いろいろなタイプを購入!実際にどんな?変化があるか!

毛足の長短・毛の柔らかさなど・・・。

僕はベンツのコーティングがほとんどです。

新車・使用車などです。7割は新車かな?

ベンツ(僕らの一番仕事が多い車両)での検証です。

簡単にですが、毛足の長い物は艶が早く出ます。

短いとキズを取るのが早いです。

毛足が太い物はキズを取るのが早く、細い物は遅い。

など・・・です。

結果は7ミリ前後が使い安いです。

それと、12ミリぐらいのウールバフが良い結果が

でました。回転は1000RPM。

圧力は機械の重さを基本に検証しました。

昔、整備を少ししてました。工具を使い仕事してました。

それと同じで、バフもいろいろと作業状況(塗装状況)で

変化は必要と思います。厚さ・硬さ・長い・短い・太い・細い

普段は機械は3種類。コンパウンドは6種類。

バフは5種類でした。バフはほとんど3種類

ウール・スポンジが2種類。

ウールバフをもう少し種類を増やしてみようとおもいます。

また、実験結果は今後書きます。

新型!コーティング剤!

c49c89b2.jpg新型!コーティング剤!


新型コーティング剤の実験です!
今回は・・・まだ、商品の詳細は言えない・・・。
大手メーカーさんの商品実験です。
ポ○○○○ンです。
撥水・浸水と2タイプに施工が可能になり。
今までより簡単・安心に施工ができます。
濃度も1%で最高ですね。
6月には販売予定?7月には・・・売れるかな?
下地処理剤も、作っていただきました。
専用品ですが、これがミソになります。

従来品とは比べ物にならないぐらい良い状態に
仕上がります。
感動しました!
プロフィール

ディーキュア

ブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタム・整備へ
Pingoブログ
currentBlogList

天気予報
  • ライブドアブログ