ディーキュアセレクトショップ。カーコーティング奮戦記ブログ。

カーコーティングブログ。ガラス系コーティング剤。アクアミカ・ポリシラザンやガラス系コーティング剤キュアエグゼクティブ。カーコーティングに関するレポートやアクアミカ施工説明!高硬度塗装・バフ目軽減コンパウンド説明などキュアセレクトショップの商品・施工説明のカーコーティングブログです

施工説明。

メッキモール磨き

オリジナルコンパウンドと研磨促進剤の開発で
外車。特にベンツ・BMW・ワーゲン・アウディー・ジャガーなど・・・
多くに使われている’メッキモール’の研磨作業を公開します。
手作業を中心に約2時間。
ガーニッシュモール
ウィンドウ用シーリングレール
を磨きます。


今回はモールのシミは厳しい状態です。
メッキはくすみ、見た目は真っ白です。
保管は室外
撥水洗車
新車から3年
画像 002画像 008



















マスキング作業です。
マスカーを使う為、直接マスカーのテープがボディーに
着かないようにします。
細部より約5mmぐらい間をあけマスキングします。
画像 013画像 014

















マスキングテープを超えてマスカーテープ部分がはみ出さない
用にします。
画像 020












細部までマスキングテープを貼ります。
このように3段階にします。
画像 021












画像 028画像 025

















今回使用する道具です。
☆専用スポンジ
☆メッキモール研磨専用コンパウンド
☆研磨促進剤
作業の時は必ずビニール手袋を着用してください。
画像 034画像 035


















それでは作業をご覧ください
約2分です。


作業での注意事項は
☆15cmぐらいの範囲で磨きます。
☆研磨促進剤は3滴程度
☆タオルは水に濡らし硬く絞った物で拭き取る

最後に専用のコーティング剤を塗ります。
画像 038












完成です。
画像 041












今回は状態が悪いメッキモールです。
ディーラーで交換と言われてオーナーが
「何とかして!」
作業は約2時間。
一部。シミがひどい所は機械で作業しました。
それでもひどい所も・・・・
メッキモール磨きも限界があります。
腐食が激しい場合はやはりシミは残ります。
ですが、見た目には良い状況になります。
コーティングをして、腐食を防ぎ、
ボディーコーティングのように
綺麗でありたいですネ。

ディーキュアセレクトショップの問い合わせから
メールを送ってください。
http://cureshop.jp/

アクアミカ。ハイブリットタイプNAMHの施工方法。

アクアミカ:ハイブリットタイプ。NAMHの施工方法です。
磨き工程を終了いたします。

画像 016












画像 015洗車後、脱脂剤(専用品)を行います。











画像 018二段スポンジにコーティング塗布クロスで施工します。
塗りこみクロスを使うと
コーティング剤が良く伸び
均一に施工が可能になりました。傷の入りも軽減。
洗えば、また使えます。
近日、販売予定。




画像 019塗りこみクロスに
2〜3回押し付けます。











画像 021
50〜60cm四方を目安

均一に塗り伸ばします。

力はいりません。







画像 022塗装面が濡れてるぐらいでOKです。

塗りながら乾燥はしません。








画像 023塗装面が少し濡れる状態で、乾燥したファイバータオルでふき取ります。
乾燥が速い場合は塗りこみ範囲を狭くするか。
塗りこみクロスに多く本剤をつけてください。
※少し濡れている時にふき取るのが良いです。




画像 025
テールレンズなどOK











画像 028
樹脂・ゴム部分は施工しません。










画像 029
付いた場合はふき取って
ください。










施工量は約30cc(1回塗り)
塗りこみクロスを使って施工の場合です。
上面を今回は2回塗りしました。
施工量はトータル約35cc
本液塗布後、約30分乾燥。
トップコートの施工ができます。

トップコートの施工に移ります。
画像 038
乾燥した、ファイバータオルに2回スプレーします。

最初は少し多めが良いです。
だんだん少なく。






画像 034
均一に塗ればOKです。











画像 040
ファイバータオルを水に
濡らし、硬く絞りふき取り
ます。









施工終了です。
画像 042

 

 

 

 

 

 

画像 043












施工の詳細は
★1回塗り約30cc
★上面2回で約35cc
★施工時間は約30分(2回塗りで)
★ホイールコーティング込みで50cc
★ホイール施工約20分
★トップコート使用量約10cc
★トップコート施工時間20分
★トップコート乾燥は30分(20°を基準)

ホイールコーティング剤・新作。

ホイールコーティング剤です。
画像 002

 

 

 

 

 



本剤はシロキサン配合のガラスコーティング剤です。
施工は簡単です。
今回の写真のホイールは14インチで施工しました。

施工方法
ネルウエス(5cm×5cm)に
10滴たらします。
画像 011












ホイール約4/1を目安に塗ります。
画像 013












約10分乾燥後、ファイバータオルを濡らして
硬くしぼり、拭きとります。
画像 016













拭きとりましたら、終了です。
画像 018













今回14インチホイールで約8ccで施工可能でした。
大きさで使用量は変化しますが。
1回で10ccと考えます。
持続効果は走り方や車両の個体差がありますが
約5カ月ぐらいは持続いたします。

メンテナンス剤もあります。
メンテナンス剤併用しますと・・・
効果絶大です!

====注意===
☆メッキホイール。アルミ削りだしのホイールの施工の時は
 塗りましたら、乾燥前にらならず、拭きとりをしてください。
☆最初は目立たない場所で、施工可能かご確認後に施工をスタート
 してください
=========

購入希望は下記でお願いいたします。
http://cureshop.jp/

 

 

 

 

 

新型コンパウンド!磨き実験!

現在!低溶剤のクリアが外車中心に多くなりました!
薄く・硬いクリアです。
当社はベンツを多く磨いております。
新車〜使用過程車・板金後の車両などなど・・・。
ペイントミストの除去なども!

全体

硬い塗装は‘磨き‘も時間かかります。
硬い物を刃物で切る場合、力が必要で簡単には切れません。
硬い塗装も同じです。
通常の磨く行程では・・・時間がかかります。
当社も多くの時間をかけて‘磨き‘を行っていました。
ここ一発では良いですが・・・
磨き過ぎは塗装に悪影響ですネ。
ですが、磨き行程を減らすと・・・
‘ギラギラ‘良く言う‘オーロラ‘が発生します。

ギラギラ

そこで、簡単・短時間でキズを落とし、
仕上げ工程で艶を出す!
そんなコンパウンドを製作しました!

完成

最初はウールバフに新型コンパウンドにて1000rpmで磨きます。
ウールシングル

微粒子コンパウンドで極細めのウレタンバフ1000rpm
黒シングル

超微粒子コンパウンドで超微粒子目ウレタンバフ1000rpm
白シングル

超微粒子コンパウンドで超微粒子目ウラタンバフ。ギアアクション500rp 画像 019

で終了です。
高硬度の塗装の場合は徐々に仕上げております。
現在、当社の磨き行程です。
オーロラはありません。
完成2
その他の塗装であれば、
行程の少なくなります
販売はもう少し・・・したら、と思います。

エアブローガン比較実験。


新商品の実験です。今回はブローガンです。
従来品より効率を良くした商品です。

エアーブロウ

エアブローガン
エアーブロウ

パルスエアガン
従来品がどのようにエアがガンから噴射しているか、ご覧ください。
エア従来

こんな感じです。 ガンから近くは幅は狭いですが力は強いです。
ガンから遠くは広いですが力が弱いです。
皆さんの多くはブローの場合はガンから近くで作業を行います。
ですが・・・効率が悪いです。力が強いので‘早い‘ですが・・・狭い
そこで。
ブロー実験
新型のブローガンです。
力が強い場所が広く使えるので効率が良いです。
パルス実験
パルスガンです。
両方ともエアの噴射の写真です。
実際にこんな感じにエアは噴射されています。
★洗車の仕上げ
★板金会社
★カールームクリーニング
★工場の清掃・部品清掃。
などなど。こんなに効率の良いガンです。

ミネラルガラスシーラント。施工方法。

ミネラルガラスシーラント施工方法です。
商品内容に関しては
商品説明 確認ください。

ブロー

コーティング施工前に研磨し、脱脂してください。
※水分と科学変化いたします。ブローは丁寧にいたします。

マスキング

ゴム・ガラス部分のコーティング施工はできません。
最初にマスキングなどで保護してください。
※万が一、液剤が着いた場合はすぐに拭き取ってください。
準備が完了しましたら。コーティング施工です。

商品

コーティング剤
ファイバータオル
2段スポンジ

画像 482

少量、スポンジに付けて塗りのばしてください。
ポイント
最初に液剤を伸ばす時、水が流れる方向に塗ってください。

拭き取り

塗りましたら、すぐに拭き取ります。
ポイント
すぐにふき取るので、薄くて良いです。塗り残しなく!
ワンパネル施工でコーティングしてください。
注意
※常温25度で20分で硬化します。塗布後10分以上は置かないでください。
※夏場30分放置すると、効果し磨いても取れない場合があります。
(効果時間を短くしたのは、施工性を重視し施工後に雨の場合でも良い為、  ガラス系コーティング剤は施工後の時間制限が多いからです。) <br> 塗布、終了後、30〜1時間はコーティング剤に触れないでください。
約、30分後、指で触り乾燥を確認してください。
確認後、もう一度塗布してください。
(2回塗をお勧めいたします)

222

2回目塗布します。

拭き取り

ポイント
2回目はコーティング剤の「厚み」を出す為、塗布後5分後に拭き取ります。
塗布、終了後は常温で1時間で乾燥をお願いいたします。
冬やボディー温度が低い場合は2時間ぐらいを目安にお願いいたします。
作業後 塗りこみスポンジは捨ててください。(2回目は使えません)
ファイバータオルはすぐに洗剤で良く洗ってください。
他の、タオルと一緒に洗わないでください。

アクアミカ NAX−121−1%施工手順。

新型!アクアミカ(ポリシラザン)施工手順です。
ガラスコーティング剤では最高品質です。
トップコートは、親水親水促進剤を使います。

全体
ボディー磨き終了。洗車終了。
※アクアミカは水分と反応しますので、洗車後の
エアーブローは十分に行ってください。

脱脂
専用の脱脂剤にて、塗装面を脱脂いたします。
※シリコンオフでも対応できますが、専用品をお勧めします。
※アクアミカの定着が良いです。

拭きとり
脱脂後、白く不純物が浮き出た場合は拭き取りをしてください。
※専用品の場合は脱脂効率が良く、白くなりずらいです。
塗布
アクアミカを塗布します。
縦・横に均一に塗布します。
塗布から伸ばす
塗布後すぐに、タオルで塗り伸ばします。
伸ばしながら、すぐにふき取ります。
ワンパネル事に施工します。
拭き取り2
1台塗布後、白くなった場所は拭き取りください。
上記の塗り方を2回行い、情面は3回をお勧めいたします。
一台、約100cc〜150ccが目安です。
トップコート
親水促進剤を使う場合は必ず手袋をお使いください。
トップコート縦・横均一に塗布して下さい。
丁寧に塗りましたら、濡れたタオルにて、すぐに拭きとりしてください。
※塗りムラなどなくなるまで、綺麗にふき取りください。 上面は2回、作業を行ってください。
拭きとり
ワンパネル事、施工してください。
拭き取り2
最後に確認し濡れたタオルで完全にふき取ってください。

最終
親水タイプの施工写真。
綺麗に水が引いていきます。

車のガラスのキズ取り。

b2009b2c.jpg
新車なのにー、石か何か?引っ掛かりキズが・・・

当社で販売しています。スクラッチ(キズ取り)システムで

クイーンと。前回も同じタイプの車両でした。

今回は10cmぐらいですが、深い、深い。

簡単に爪がひっかかる。

普通は交換ですなこりゃ。

30分頑張って見ました。もうーわからない。

キズがない。これで納車可能です。

今回は横ドアのガラスでした。

もちろん!フロントガラスにも対応可能。

ほとんど歪みがなく、走行に支障ないです。

最近は建築関連などにも販売しています。

新築のカラスにキズが・・・。

作業中の事故があるそうです。

大きなガラスは一枚、数万〜数百万など(工事費込み)

そんな時に使っている見たい。

お風呂のガラスや温泉の鏡など・・・

スクラッチ(キズ)以外にうろこ取りや油膜除去。

幅広く使われています。

アクアミカ<ポリシラザン>施工研修会

最近、アクアミカ≪AZ社 ポリシラザン≫の販売をしており。

皆様より「研修・講習会はしてない?のですか」の問い合わせがあり

いろいろと考えております。

関東近辺なら施工研修会など考えておりますが・・・

東京での仕事が中心の為、なかなか出れません。

徐々に、研修会など考えていきます。

まずは、メールや電話での対応を中心にがんばっていきます。

どんどん、施工関連の疑問・質問をお寄せください。

施工方法はお教えいたします。
プロフィール

ディーキュア

ブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車 カスタム・整備へ
Pingoブログ
currentBlogList

天気予報
  • ライブドアブログ